よくあるご質問(相続・遺言編)

Q.入籍をしないまま長年一緒に暮らしています。相続することはできますか?

A.残念ながら相続人には該当しません。

そのため、相手の方に遺言状を書いていただくのがよいと思います。
また、間にお子さんがいらっしゃる場合は、法律上は非嫡出子となります。
この場合、認知されていればお子さんは相続権を有します。 

 

 

Q.私の出生後に父が養父と養子縁組をしました。
その養父が今般亡くなったのですが、すでに父も亡くなっています。
この場合、私は代襲相続ができるのでしょうか?
また、父と養父の養子縁組後に弟が生まれました。
その弟についてはいかがでしょうか?

A.あなたには代襲相続権はありません。
お父様の養父とあなたの間には血族関係が生じていないからです。
これは、お父様の養子縁組のタイミングの問題です。
ですから、逆に弟さんは代襲相続権が認められるのです。
養子縁組が成立することにより、お父様と養父の方との間に血族関係が生じます。
その後に出生している弟さんは養父の方の直系卑属に当たりますので、代襲相続権が認められるのです。 

 

 

Q.母の再婚相手が亡くなったのですが、私に相続権はあるのでしょうか?

A.養子縁組をしていなければ、相続権はありません。 

 

 

Q.離婚した場合の相続について教えてください。

A.離婚をすると、お互いに相続人ではなくなります。
ただし、お子様はどちらの親とも親子関係は続きますので、嫡出子として相続権を有することとなります。 

 

 

Q.親が相続欠格に当たる場合、祖父がなくなった際、わたしはどうなるのでしょうか?

A.相続欠格(相続廃除の場合も同様)の効果は相対的におきるものであり、つまりこの場合お爺様とお父様の間にだけ生じるものなので、あなたのようなお孫さんは代襲相続人として相続権を有することとなります。 

 

 

Q.親が相続放棄をした場合、祖父が亡くなった際、わたしはどうなるのでしょうか?

A.相続放棄の効果は、そもそも相続人でなかったことになるというものです。
つまり、お父様がもともと相続人でなかったということは代襲相続は当然できないということとなります。 

 

 

Q.妊娠中のさなか、夫が急死しました。夫の相続はどのようになるのでしょうか?

A.おなかのお子様は、法律的には生まれたものとみなされるので、相続権を有します。
胎児として登記もできます。
ただし、生まれてくることが条件であるので、いったん生まれ仮にすぐ死亡した場合、その分は母親であるあなたが相続しますし、そもそも死産であった場合ははじめから相続人でなかったこととなります。