借金がいくらなら自己破産できるのか?

自己破産申立をし、最終的に免責されると、法的に借金の支払い義務はなくなります。

生活のやり直しができますので自己破産には大きなメリットがあるといえます。

「借金は○○万円で、××病なのですが、自己破産できますか」
等と質問を受けることがあります。

実は、法律上、借金がいくら以上あると自己破産できるということは一切決まっていません。

裁判所が借金の額、借金をした事情、年齢、財産、仕事、生活状況、
その他の事情を考慮して“支払不能”と認定することによって破産となります。

例えば、借金が100万円以下でも、本人が病気で無職で収入がなく、
同居の家族の収入も少ないようであれば、自己破産は可能です。

逆に、裁判所が、まだ支払い能力があると判定すれば、
破産することが出来なくなります。

例えば、借金が数百万円あっても、
本人に将来にわたって安定して見込める収入があれば、
支払不能となりませんので、自己破産が認められないケースもあります。

このように、自己破産すべきかどうかは、
個人個人の事情によって変わりますので一概には決めることが出来ません。

ご自分が自己破産できるかどうか知りたい方は、
従来のケースおよび当事務所で過去に扱った事例から破産できるかどうか
ご相談に乗らせていただくことが可能です。

もちろん最終的には裁判所が決めることですが、大方は予想がつきます。
相談は無料ですのでお気軽にご相談くださいますようお願いいたします。

 

※このコラムは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。

ウェブページという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。

そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせくださいますと幸いです。