お子様がいらっしゃらないご夫婦と遺言

おはようございます!

 

ここのところ遺言のお話が続いていますが、
今日は特に遺言を残された方が、と思われるケースについてお話してみようと思います。

先日のブログでは、内縁の奥様や同居されているご長男の奥様など、
相続人にはなれないけれど財産を残したい人がいる場合の遺言の必要性についてお話しました。

今日は、お子様がいらっしゃらないご夫婦についてです。
もし、お子様がいらっしゃらない場合は、遺言をお書きになっておいたほうがいいかもしれません。

お子様がいらっしゃらない場合、遺産分割の協議が難航してしまうことはよくあります。

といいますのは、一般的な感覚として、配偶者(夫もしくは妻)が亡くなり、お子様がいらっしゃらなければ、
残された配偶者に財産は行くように感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、
法律的には、残された配偶者の他に、亡くなられた方のご両親、
このご両親も亡くなられている場合は祖父母が相続人と定められています。
さらに、祖父母が亡くなっている場合には、曽祖父母が配偶者と共に相続人となります。

また、これらの方(ご両親や祖父母等)が全てお亡くなりになられている場合には、
亡くなられた配偶者のご兄弟(姉妹)が配偶者と共に相続人となります。
このご兄弟(姉妹)もお亡くなりの場合はそのお子様が配偶者と共に相続人となります。

ご自分が亡くなられた後、配偶者(あなたのご主人や奥様)が、
ご自分の親等や兄弟姉妹、甥姪と相続財産のことで、揉め事に発展する可能性もあります。

また、揉め事にならなくても、相続手続きが煩雑となってしまうこともあります
(例えば 遺産分割協議書に多数の甥姪の署名押印が必要になってしまうなど)。

そのようなことを避けるためにも、お子様がいらっしゃらないご夫婦には、それぞれ遺言を残されることお薦めしています。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。