遺産整理に250万円超支払い これは適正?

おはようございます!

毎日毎日気持ちの良いお天気が続きますね。
今朝も快晴の茅ヶ崎、今週も張り切って行きましょうね♪

さて、橋本大阪市長との戦いが記憶に新しい“週刊朝日”にこんな記事がありました。

-以下はdot.より転載-
「遺産整理に250万円超支払い これは適正?」
相続の際に、相続人や遺産の確認、財産目録の作成、遺産分割協議のアドバイス、財産の名義変更などサポートしてくれる信託銀行の「遺産整理業務」。そのニーズは徐々に高まっている。信託銀行などが加盟する信託協会によれば、国内の遺産整理業務の引受件数は、2011年度で3147件。10年前(01年度、1295件)と比べると約2.4倍となっている。

福岡県内に住む77歳の小林文枝さん(仮名)の場合、最終的にかかった金額は、A信託銀行の遺産整理報酬160万9907円に加え、司法書士の報酬が約40万円、税理士の報酬が約50万円。総額は250万円を超えた。小林さんは、「100万円くらいかかるということはA信託の担当者から聞いていましたが、司法書士などの費用も含めた額だと思っていたんです。最初から250万円とわかっていれば、たぶん契約しなかったと思います」と話す。

また遺産整理報酬の額に関しても、こう疑問をぶつける。「実際にA信託にしてもらったのは、預金や証券の確認と財産目録の作成、それに名義変更くらい。業務の中には財産評価や相続税申告もありますけど、実務は司法書士や税理士がしているのですから、それで160万円ははたして適正価格なのでしょうか」。

適正かどうかは、依頼人の価値観にもよるだろう。ネット上では、数十万円で信託銀行と同様のサービスをするとうたう業者も多いが、安易な比較はできない。ただ、信託銀行の報酬が「高い」と感じているのは小林さんだけではない。国民生活センターによれば、「姉が信託銀行に遺産整理業務を依頼したが、その報酬が高すぎる」といった苦情が過去に寄せられている。
-

記事にもあるとおり、依頼人の価値観や様々なご事情によるので一概には判断できませんし、
遺産の額も記載されていませんし、どのような事案かはっきりしないのですが、
長年相続関連業務に携わってきた司法書士である私としては、高いというのが率直な感想です。

やはり相続に関することであれば、まずは司法書士に相談して頂くのをおすすめします。

例えばご近所の司法書士にご相談に行かれるか、
お住まいの地域の司法書士会から司法書士の紹介を受けるのもいいと思います。

もちろん、私にご相談して頂けれるのが一番嬉しいです。
相続の案件は、事務所にお越し頂いてのご相談、ご依頼も承っておりますが、
遠方にお住まいの方でも承っておりますのでお気軽にお問合せ頂ければと思います。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。