再転相続

おはようございます!

今のところ雨は降っていませんが、
このあとは雷を伴うほどの雨の予報となっている茅ヶ崎です。

さて、久しぶりの質問にお答えするコーナーです。

質問:
「祖父が亡くなり父が相続人となりました。
祖父が亡くなって2か月後、父も亡くなりました。
この場合、私は祖父の遺産について相続放棄をいつまでに行えばよいのでしょうか。」

回答:
あなたは、祖父の相続について、父の承認・放棄する権利を承継したことなります。
これは、再転相続と言われています。

この場合、あなたは、父の相続開始を知ったときから、
3ヶ月以内に承認・放棄をすればよいことになります。

再転相続人には、前相続・後相続の双方について共に承認・放棄をすることが出来ます。
あるいは、前相続を放棄して、後相続を承認することが出来ます。

ただし、後相続を放棄した場合は、前相続人の承認・放棄権も失うことになりますので、
前相続を承認する余地はなくなります(最判昭和63.6.21)。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。