時効援用

おはようございます!

夏休み、お盆休みも終わり、
今日から久々にお仕事!という方も多いのではないでしょうか?

長く休んでしまったから面倒に感じたり、仕事着は暑過ぎたり…
といろいろあるかもしれませんが、今週も張り切っていきましょう!

ちなみに私は特にお盆休みはなくずっとお仕事をしていましたし、
朝方に少しサーフィン、後はお仕事といういつも通りのお盆ウィークでした♪


さて、先日ご依頼いただいた債務整理ですが、
債権調査した結果、時効となっていることが判明しました。

なお、時効期間が経過していても、時効援用しなければ債権はなくなりません。
時効援用とは、債権者に対して「消滅時効援用の意思表示をします」と伝えることです。

この時効援用は、通常「内容証明郵便」により行っています。

今回のケースでは時効になっていなければ、
自己破産申立をする予定でしたので、素早く解決することが出来て良かったです。

返済を停止してから長期間経っていても、
貸金業者などから督促状や請求書が送られて来ることがあります。

そのようなときは、慌てて支払ってしまう前に、是非一度司法書士にご相談ください。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。