相続財産を調べる方法

おはようございます!

朝涼しく、日中はカラッと暖かい♪
お仕事にもスポーツにも最高なお天気が続いている茅ヶ崎です。

さて、本日も頂いたご質問にお答えするブログです。

<質問>
父が亡くなり、相続登記をすることになりました。
自宅以外に、A県B市にも不動産を持っていたようなのですが、
権利証が見つからず、不動産の詳細がわかりません。
どうしたらよいでしょうか?

<回答>
市区町村役場には、名寄帳というものがあります。
名寄帳とは、その管轄区域内での不動産を所有者ごとに管理する台帳のことです。

相続人であることを証明する戸籍謄本などを添付して役場に申請すれば、
名寄せ帳を交付してもらえます。

なお、不動産が私道などの場合、名寄帳に記載されないケースがありますので、
法務局に置いてある公図などで、道路の所有者が誰かを調べることも重要です。

お手続きがご面倒な場合、もちろん司法書士が代わって取得することも可能です。
その際はお気軽にお問合わせ頂ければと思います。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。