続・相続登記しないと…

おはようございます!

今は小雨が降ったり止んだりしている茅ヶ崎です。
午後は止み間が多くなるようなので、出かけるなら午後ですね。

さて、本日は昨日の『相続登記しないと…』の続き、<回答編>です。
<質問編>については、こちらをご覧下さい

<回答>
相続登記をせず放置しておくと大変なことになってしまうかどうか、
どの程度大変なのかというのは、ケースバイケースですが、
どの様な場合でも速やかに相続登記したほうが良いのは共通です。

例えば、長年放置しておくことによって相続人も死亡して第二相続が発生し
相続関係が複雑になってしまい、話し合いが進まず思っていた通りに相続できない可能性があります。

また、相続登記に必要な書類の中には、保存期間が経過してしまうと廃棄されてしまい書類が取れず、代わりに他の証明書類を用いなければならない等、手間が増えるようになります。

さらに、急に不動産を売却したり担保に入れようと思っても、
相続登記をしていないと、手続きに支障が生じることもあります。

以上のような理由から、相続登記は早めにしておくことをお勧めします。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。